企業が伝える防災対策特設ページ

この記事は約3分で読めます。
このプロジェクトの意義 日本にはおよそ367万社もの企業が存在しています。(2021年時点)では、この会社のうち適切な防災対策を行なっている企業は何社あるでしょうか?企業の事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査(株式会社帝国データバンクが実施)では、17.6%という結果となりました。 BCP策定率は年々徐々に上昇し過去最高となったものの、未だ低水準にとどまっているのです。規模別でみると大企業は32.0%、中小企業は14.7%となり、それぞれの規模で増加傾向にあります。■調査期間は2021年5月18日~31日、調査対象は全国2万3,724社で、有効回答企業数は1万1,242社(回答率47.4%)。なお、事業継続計画(BCP)に関する調査は、2016年6月以降、毎年実施し、今回で6回目。調査の詳細なデータは景気動向オンライン(https://www.tdb-di.com)に掲載している。 私たち防災meの運営メンバーは東日本大震災を福島県で経験しました。そして、防災me代表の私自身の周りの企業でも震災によって大きな被害を受けていました。だからこそ、企業の皆さんや日本の皆さんに企業で実際に行なっている防災対策や、企業が持っているノウハウを共有できるような場を私たちが創ります。 企業・団体・自治体の皆さま、このプロジェクトに参加して多くの人々に「伝えませんか?」 参加いただける企業を募集!現在、本プロジェクトに参加するための「公式アカウント」を無償で発行しております。現在は福島県を拠点に活躍している企業さまを中心に募集しております。(ぜひ全国の方からの申請も大歓迎でございます!)福島県郡山市を拠点に活躍されている、隂山建設株式会社さんにも本プロジェクトに参加して頂き、記事を公開していただいております。隂山建設株式会社さんは東日本大震災発生時や熊本地震でもさまざまな活動を行っており、社内での取り組みや建築会社としてのノウハウを防災にも活かし、さまざまな記事を公開していただく予定です。 ▼ 隂山建設株式会社さまの取り組み http://www.kageken.jp/csr/reconstruction-assistance/ 
 ぜひ、「自社でもこのような記事を書き多くの人に伝えたい!」とご興味を持っていただけた企業さまはお気軽に申請ください。 公式アカウントを発行するにあたって業種は問いません。 また、福島県外であっても申請いただければ順次対応させて頂きます!▼ 申請はこちらからhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe5CTqLKDRU8r_ikrCHl1RSLGeLMX2SHQKuirDmncRV8Q3H0w/viewform?entry.590414231=direct_tokusetu_a0b12
タイトルとURLをコピーしました